FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定(プロローグ終了時点)

設定なので一覧から見えないようにしました。


主人公  
名前:青山真一(あおやましんいち)

年齢:14  誕生日:4月21日

性別:男性

武器:野太刀「朝霧」

【詳細】
 神鳴流の宗家青山家の生まれで、母(青山鶴子)からは剣の才能を父(近衛家ゆかりの陰陽師,真一が9歳の夏に死去)からは魔力を受け継ぎ、幼い頃から神鳴流剣士として育てられてきた。
 木乃香と刹那とは幼少時代からの幼馴染でお互い愛称で呼び合う仲だった。木乃香が小学校入学時に麻帆良学園都市に移ってからは定期的に連絡を取り合っており関係は良好。
 現在は「木乃香ちゃん」と呼んでいるが切羽詰まった時などは咄嗟に「このちゃん」と昔通りに呼んでしまう。
 心の中では今でもこのちゃんと呼んでいる。
 木乃香は愛称で呼ばれたほうが嬉しいようだが真一は気付いていない。
 刹那との関係も良好である。5年前のある事件で刹那の生い立ち(秘密)を知り、それが切欠となりお互いの信頼関係はさらに強固なものになった。

 木乃香は長期休みには帰省していたが木乃香とは小3の正月以来会っていない。(長期休みは修行で山にこもっていたため)電話などで連絡は取り合っていた。
 刹那とは刹那が麻帆良に移るまでは共に修行していた。

【能力】
 神鳴流の既存の技は各種弐の太刀を含めて習得済み。

 父親譲りの魔力を用いた魔法剣:神鳴流を基本とした各属性の魔力を乗せた剣技(現状では気と魔力の融合がうまくいかず、気の代わりに属性魔力を乗せて放つ)
 使用可能な属性は「氷・雷・光」なのだが現状実戦で使えるレベルなのは氷属性のみ。
 雷・光属性の魔力については研究中。氷属性よりも出力は上だが扱いきれない。
 例:斬空閃に氷の魔力を乗せた「絶氷刃」など

 瞬動、虚空瞬動、浮遊術、気による肉体強化など
   


・近衛木乃香
 真一との関係以外は原作通り。真一のことは「しんちゃん」と呼ぶ。

・桜咲刹那
 真一との関係以外は原作通り。真一には受け入れてもらえたが木乃香に翼のことを知られるのはやはり怖い。
 昔は木乃香と同じように「しんちゃん」と呼んでいたが現在は「真一さん」と呼ぶ。
 本心が出たり驚いたりすると昔の呼び方が出てしまう。




<簡易年表>

木乃香が小学校入学時に麻帆良学園都市へ。

真一が刹那の生い立ちを知る。真一受け入れる。

刹那が中学校入学時に麻帆良学園都市へ。

真一は英雄の息子(トラブルメイカー)の赴任に備えて麻帆良学園都市内の中学校に転校することに。

駅で刹那と再会、学園長室に案内される。学園長に挨拶後、木乃香と再会。(11月)


【神鳴流について】

 神鳴流は鬼や死霊、魔獣、竜などといった人ならざる魔物を調伏する退魔の法に特化した武術である。
 魔物に対する知識が豊富で、西洋竜など本来日本にいない魔物への対処法も心得ている。
 その技術は剣術を中心に、格闘術、対魔法術など多岐にわたり、東洋呪術とも深い関わりがある。
 そのため神鳴流剣士は札や陰陽道などといった東洋呪術を駆使する魔法剣士であることがほとんどである。
 戦闘スタイルは対人よりも対魔物を主眼としているため、威力、間合いともに大きい長大な野太刀を用いることが多い。
 そのため一撃の威力は大きいものの、対人を基本とした剣術に比べれば小回りのきかないという側面もある。
 また神鳴流の大きな特徴として、飛び道具が効かないというものがある。
 これは手裏剣や矢のような比較的低速の飛び道具だけでなく、音速の数倍に達する銃弾すらも無効化する恐るべき特技で、遠距離攻撃を旨とする者も神鳴流の間合いである接近戦を強いられるハメになる。
(ネギまガイドブック『THE BIBLE』キャラクターSIDEより引用)

【神鳴流の技】

 <剣術>

斬岩剣 :神鳴流奥義。その名の通り岩をも両断する剛剣。

斬鉄閃 :神鳴流奥義。刀身から刀気を螺旋状に飛ばし攻撃する。その威力は鉄をも両断する。

斬空閃 :神鳴流秘剣。空を切り裂く刀気を放つ技。遠距離の敵も攻撃できる。

斬魔剣 :神鳴流奥義。実体のない霊体を斬ることができる。対魔特効。

百花繚乱 :神鳴流秘剣。直線状に気を放ち広範囲の敵を吹き飛ばす。

五月雨斬り :神鳴流秘剣。対象を一瞬で斬り刻む技。

斬光閃 :神鳴流秘剣。光の刀気で敵を斬り裂く技。広範囲を攻撃する拡散斬光閃もある。

飛燕抜刀霞斬り :二刀で対象を瞬時に斬る技。

百烈桜華斬 :神鳴流奥義。無数の剣戟で周囲のものを斬り刻む技。

竜破斬 :神鳴流秘剣。その名の通り竜を打倒するための剣(らしい)。竜特効。

風塵乱舞 :神鳴流秘剣。複数の手裏剣などを一度に投げる技。気である程度、軌道をコントロールできる。

滅殺斬空斬魔閃 :神鳴流奥義。剣から強大な刀気を放って敵を滅する。素子直伝の大技。真・雷光剣を除いて最高威力。

雷鳴剣 :神鳴流奥義。雷を剣先に落とし、その力で攻撃する大技。

雷光剣 :神鳴流奥義。雷鳴剣を上回る雷を帯電させ、巨大な雷球で広範囲を破壊する。

真・雷光剣 :神鳴流決戦奥義。雷光剣をさらに上回る雷を帯電させ、超巨大な雷球で広範囲を破壊する。決戦奥義の名に恥じない大技。

各種・弐の太刀 :あらゆる壁・障壁に影響を及ぼさずに、対象のみを斬り裂く。魔を祓う神鳴流の真骨頂ともいえる技で、宗家青山家縁の者にしか伝承されない。


 <体術(無手でも使える技)>

紅蓮拳 :炎の気を拳に乗せて殴る。

烈蹴斬 :刀気を乗せた鋭い蹴りで敵を斬る。

斬空掌 :神鳴流奥義。掌に気を集め、気弾を放つ遠距離攻撃の技。

斬空掌・散 :神鳴流奥義。掌に気を集め、複数の気弾を放つ遠距離攻撃の技。気弾一つ当たりの威力は斬空掌に劣る。

斬魔掌 :神鳴流裏七八式。手に気を集めて剣とする技。

浮雲・旋一閃 :投げ技。相手の肩を掴んで引き込みながら足を絡め、空中で前方回転してから地面に叩き付ける。

浮雲・桜散華 :投げ技。相手の頭を両足で挟み、後方に数度宙返りしてから地面に叩き付ける。

桜楼月華 :掌に気を集め、相手の攻撃を受けながら、気を放出して攻撃するカウンター技。

稲交尾籠いなつるびのかたま :投擲した複数の手裏剣や独鈷などから発生する結界に封じ込める退魔術。封じ込められた対象は雷撃によりスタンさせられる。

四天結界独鈷錬殻 してんけっかいどっこれんかく:神鳴流退魔戦術絶待防御。独鈷を4つ使って正四面体の結界を展開する。神鳴流では珍しい防御用の技。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PV
来客数
プロフィール

アイン

Author:アイン
小説家になろうでも活動中のアインです。趣味で書いた小説をまったり載せていきます。

よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ

openclose

フリーエリア
「創刻のアテリアル」応援中!
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。