FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いの夜 プレイ日記6

第11章まで読了。
もうクライマックスは近いですね。このプレイ日記も恐らく次回で終わりでしょう。

毎回書きますがネタバレ注意ですよ。

画像だけさらっと流して、文を読まなければダメージは少ないかも知れませんね。



始まりはまずは日常から。
草木が乱雑に生い茂った庭が、予てから気になっていた草十郎は庭の草刈りに精を出していました。
黙々と動き続ける彼の仕事振りは本職さながらの物でしたよ。
そんなとき二人は

165.jpg
166.jpg

温かいサンルームで寛いでいましたとさ。
当然、草十郎も抗議したんですが、返って来たのは(詳しい流れは割愛)

「アンタは私が飼ってるんだから」

みたいな感じ。
これはアンタは私の物発言なのかなw
そういう趣味はありませんが、青子になら飼われても良い気がする(え

橙子の容姿から、女の魔術師の髪の話なんかがあったりして(要約すると自身の髪は最高の触媒みたいな話)、橙子の切り札の予想へと話は発展しますが明確な答えは出ずに、決戦の夜が近づいて行きます。

作中の時期については触れてませんでしたが、この日は12月クリスマスイブでした。

167.jpg

青子と有珠は二手に分かれて、魔術の支点の防衛につきます。
まず狙われたのは有珠でした。

171.jpg

有珠はまるで挨拶をするかのような自然な動きで魔術を起動させる。有珠の十八番ディドルディドルを。

169.jpg
172.jpg

けれども、その発動は阻止される。
橙子はこの戦いの為に周到な準備をしていたのです。
彼女は魔力に反応し発動するまでは、唯の傷にしか見えない独自のルーン魔術を戦いの舞台となる公園に張り巡らせていたのでした。雪でその傷すらも隠されていたのでは、流石の有珠でも見破れなかったようです。

Fateの凛VSキャスターの魔術戦は力押しな感じでしたけど、有珠VS橙子の魔術戦は完全に別物でした。
相手の虚を突き、魔術を発動させる。そんなより魔術師らしい魔術戦でした。
Fate/Zeroのケイネス先生も本当はこういう魔術戦がしたかったんだろうと思います。実際はかなり残念なことになりましたがねww

173.jpg
174.jpg
175.jpg

一工程の魔術行使、魅了の魔眼で橙子を捉え、動きを封じる。
それをレジストし、橙子も魔眼を発動させる。
同系統の魔眼であれば、血筋と魔力量で上回る有珠に軍配が上がるはずだった。
けれど、ここでも橙子の非凡さが光ります。
魔眼の中に魔眼を作るという、普通ならあり得ない技術により、魔眼戦の流れは橙子に傾きます。
簡単にいうと万華鏡の原理で、魔眼を合わせ鏡のように配置して無限数の魔眼を作り出したんですね。

その無限の魔眼により動きを止められた有珠。そこに橙子のルーン魔術が襲いかかる。
当然防御なんてできない訳ですが、ここであの使い魔がまさかの活躍を見せてくれました。
前に画像を載せた青い鳥の奴です。まあ一年のうち365日は役に立たないらしいですがww

ここからが魔眼の呪縛から抜け出した有珠の反撃の始まりでした。
地面のルーン魔術によって解けた出した雪は小さいながらも雪解け水の川であり、川の存在が条件の有珠の切り札が解放されます。
最上級のプロイキッシャー最後の一体。

――――橋の巨人テムズトロル。

176.jpg

画像だけは前にも載せた奴ですね。
あの時は切り札の一枚とは思いませんでしたが……。

視界に収まらない程の巨体を魔眼で封じる事はできず、ルーン魔術も橋の巨人には通じない。神秘はより強い神秘には勝てないってやつです。
それは橋の巨人にも適用される訳ですがね……

有珠VS橙子の魔術戦は有珠に軍配が上がる。
だけど、橙子さんも切り札を用意していたのです。
昔は長かったという髪を使って契約を結んだのでした。
魔獣よりも高位の現代に生れ落ちた幻想種との契約を。

177.jpg

その身に強大な神秘を纏う此奴は魔術師にとって天敵であり、有珠はなす術なく敗北するのでした。

180.jpg
183.jpg

その後、青子も敗北し、有珠は青子の救助を教会に要請。
青子の自転車を引っ張り出して教会へ向かいます。

184.jpg

草十郎の真っ直ぐな言葉に照れる有珠さん。

初めての自転車体験、しかも二人乗りで急勾配の坂をノーブレーキで下る草十郎さんは流石ですw

教会に着くと、この終盤でようやく詠梨神父登場。キャラ紹介詐欺で出ないんじゃないかとヒヤヒヤしてましたw

192.jpg
187.jpg

草十郎が律架と知り合いという、意外な交友関係にちょっとムッとしてジト目で見てくる有珠の図。
最近、有珠のちょっとした表情の変化とかが可愛くて仕方ないですw

この後、青子が治療(というより手術)を受けてるシーンがあるんですが、痛ましいのでカット。

次の日、青子と有珠は圧倒的不利の中、最後の戦いに向かう。

そして、草十郎は詠梨神父との会話で何故青子に惹かれるのかを理解する。

194.jpg

その容姿に惹かれていただけでなく、青子が自分にない物を持っていたから、正反対の人間であったから惹かれたのだと理解した。

自身の無力を誰よりも理解しながらも、青子に会いたいという衝動に身を任せ少年は決戦の地へと足を踏み出した。

と言う所で11章は終了。ここで止めるのはある意味辛かったですが、貫徹は次の日やばいので泣く泣く終了しましたw


もう載せるタイミングなさそうなので、唯架さんを載せときます。
いや、まあ草十郎との絡みありましたし、本当は今回載せとけば良かったのですけどねww

195.jpg

たぶん次回がこの日記もラストでしょう。初回特典の設定集もさらっと読むので、それについても軽く触れるかも知れません。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

魔眼ってホントそそる!!一ちゃん魔眼会得しないかな(何。

そして何か一瞬えろいことになっていたような……?まぁ背景が分からんので何ともですが。

段々と感情豊かになっていく様は非常に心動かされますねw



今日の一言。

じゃあ俺は有珠のモノになるよ!!(おい

>なおぽんさん

Fateだとクローズアップされてませんけど、魔眼ってかなり強力なものなのですよ。
瞬き一つで切り替えて、対象を視界に収めるだけの簡単なお仕事ですw
一ちゃんに魔眼だと……完全なる世界以外の奴はそれだけで無双できそうですなw

>何か一瞬えろいこと
あれは橙子さんの趣向です。
魔力に反応する毒みたいなのを口移しで飲ませているシーンですね。
そこより有珠のお腹を見ようか。血に染まった黒衣をww
まあ、あんまり書き過ぎるのも良くないかな。と思いまして、ちょくちょく省いてます。

>段々と感情豊かになっていく様
良いですよね。エピローグでも少しニヤニヤさせてくれましたよ。

有珠の機嫌を損ねると人形にされたりしますからお気を付けください(何ww

本編終了したと思ったら、番外編出てきましたw
しかも長い話だという警告付きでww
この日記、次回で終わらないみたいですwww
PV
来客数
プロフィール

アイン

Author:アイン
小説家になろうでも活動中のアインです。趣味で書いた小説をまったり載せていきます。

よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ

openclose

フリーエリア
「創刻のアテリアル」応援中!
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。