FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いの夜 プレイ日記3

今は大丈夫ですが、昨日は何故かパソコンでネットに繋げなかったので更新できませんでした。

昨日は第5章まで読了。
やばいです。4章までは日常と世界観の掘り下げが主でしたが、5章では一転して魔術戦が始まりました。
こういう熱い展開を自分でも書けたらとは思いますが、中々書けないんですよね。

あまり詳しくは解説しないつもりですが、戦闘を含むので画像自体がネタバレっぽいです。
書いていたらネタバレ満載にw
そんな感じなので、ネタバレ上等な方は続きをお読みください。


舞台は閉鎖された遊園地。魔術の行使を見られた青子は、“魔術は秘匿するべし”に従い目撃者――静希草十郎を呼び出す。

032.jpg

冷静に冷酷に魔術刻印を起動させ、魔弾を放つ。

033.jpg
034.jpg

草十郎はかろうじで回避するも、青子の目論見通り鏡の国ミラーハウスへと入って行く。
そんな時、戦場に第三者が侵入する。流石にネタバレがすぎるので、こいつの画像は載せません。まあ撮るのを忘れたとも言いますが(何

第三者の乱入により事態は一変する訳です。そいつの攻撃で青子の魔術回路が乱されたり、ピンチを草十郎に救われたりと色々あって二人は一時的に協力することに。
青子の立てた作戦(草十郎用の作戦を流用)は、

044.jpg

「いっそ建物ごと爆破しちゃおうかしら」
お前はどこの魔術師殺しですか? とツッコミを入れたくなるものでしたww

草十郎は囮役だったのですが、敵は彼には見向きもせずに青子の元へ。
そして、予め仕掛けておいた術式を起動させた青子は敵と対峙する。
もう爆破は始まる、こいつを突破する以外に活路はないと、覚悟を決め突撃する。
魔術刻印を封じられた青子の武器は己のみ。一撃必殺のガンド“フィンの一撃”を躱し、直接攻撃弾き、接近して蹴り上げる。
最後に草十郎の見せ場あったりしつつ、そんな感じで窮地を脱した二人。

048.jpg

今日の所は見逃してあげるわよ。と話が纏まり掛けた時、

049.jpg

有珠襲来! 夜はまだ終わらない――
対峙する二人と一人。相手は自分よりも上位の魔術師。
それでも一度草十郎を見逃すと決めた青子は一歩たりとも譲らない。

051.jpg

この辺りで少し眠くなってましたが、この熱い流れで止められるはずはなかったですw

有珠の魔術が起動する。
それは魔法よりも魔法らしい魔術――『暗黒童話マザーグース』。
童話の怪物プロイキッシャーを使役し、童話の世界を現実の物へと変える力。
遊園地全体を作り変えるとか、固有結界よりもやばいかもしれないww

053.jpg
054.jpg
056.jpg
057.jpg

雑兵(三枚目の奴)を(青子が)蹴散らしながら出口を目指す。
そんな彼女を見て、草十郎は言う。
「やっぱり、蒼崎の方が怖くないか?」

060.jpg

「アンタ死ぬの?」
それに対してこう返す。こういうやりとりも結構好きだったりします。

それで柵まで辿り着くも遊園地は世界から隔絶された空間となっていて脱出困難。
脱出を諦めかけた青子を草十郎が奮い立たせる訳ですけど、私なんかの文を読むよりも実際にプレイして読んで欲しいです。ここのシーンは結構やばいです。見習いたいですけど、こういうのを自分で書くとなると難しいですね。

062.jpg


魔術の核をなる本体を見出した二人は行動を開始する。
草十郎は青子の補助で、青子は己を砲身を為しフラットスナークを狙い撃つ。

063.jpg
067.jpg
070.jpg
088.jpg

青子の渾身の大魔術は防がれてしまう。
それでも青子は諦めない。魔力が足りないなら掻き集めれば良い! と大気に満ちるマナを集め、変換し自分へと注ぐ。
吹き荒れる魔力の奔流を全て魔術へと注ぎ切る。
極大の青の閃光はスナークの魔術を打ち砕き、スナークを貫く。

074.jpg
075.jpg

青子さんはマジで凛々しくて可愛い。
かなり淡々と書いてますけど、このシーンは凄く凄く熱いです。マジで実際にプレイして読んで欲しい。
ただ抵スペックのPCだと戦闘シーンは重くて動かないかもしれないので注意。

この時、実は青子には危険が迫っている訳なんですけど、それに気付いた草十郎は走り出す。自分の危険を顧みずに――――

081.jpg
082.jpg
076.jpg
084.jpg

草十郎さんマジカッコいいです。流石は三人目の主人公。

本当自分でもこういうシーンを書いてみたいです。こんな文章を書ける奈須きのこさんを素直に尊敬してます。

一応警告はしていましたが、すみません。
ネタバレ満載というか、ネタバレしかないですね。はい。

でも、ホントに面白いので購入を迷ってる方は是非購入して欲しいです。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

書いてる奴が一緒だから仕方ないwww
というか絶対狙ってるwww>建物爆破

見れば見るほど凛さんじゃねーっすかw

きのこのシリアスブレイクは異常だと思いますねwいい意味でw
俺もああいう掛け合い書きたいー!


誠に遺憾ながらまほよにまで手が回らない現状ですw

>なおぽんさん

あれ? Fateにも建物爆破ありましたっけ?
セイバーが切嗣について語るシーンとかあったような、なかったような……結構うろ覚えです。
第四次聖杯戦争を描いたFate/Zeroは筆者違うんですよ。きのこじゃなくて虚淵玄って人が書いてます。

ああ、確かに青子は結構凛に似てるかもですね。
でも、凛好きな私には何の問題もありませんw

ああいう掛け合い書きたいですよね。
ああいう絶妙な掛け合いはキャラありきの部分もありますから、自作のキャラをしっかり確立しないと書けないでしょうね。

まほよに手が回らないのも仕方ないですよww
だって、アナタこの前大量にゲーム買ってたじゃないですか!ww
でも今あるゲーム消化して、余裕がある時にでも、魔法使いの夜は是非やって欲しいですね。
余談ですが青子は月姫にも少し出てるんだぜ!

ではでは。

fateには建物爆破は出てきてないと思いますwにわか知識と言いますかw

そっか、作者違うのかー。そういやどっかでそんな話聞いたww
セイバー大好きな虚淵がなんちゃらとかそういうのwww

月姫の主役達も案外似たような性格だったりするのかしら。まぁ似てようが何だろうが結局キャラ立ちしてるから憎たらしいんですが。あのきのこw

>なおぽんさん

ちゃんとキャラが立ってるのは確かに凄い。
きっとキャラの履歴書を書ける位には細かく設定を組んでいるんでしょうね。
今、魔法使いの夜やってて、改めて奈須きのこさんの「キャラの掘り下げ」の凄さを再認識してます。

月姫は更にうろ覚えですが、凛みたいなキャラはいましたよ。
たぶん、あの手の“ツンデレ”なキャラクターが好きなんでしょうよ。

余談ですけど、あと型月関連だと、「空の境界」って作品もあります。
これは小説なんですが、Fateと同じ型月魔術世界観の作品です。
これに青子の姉が出てきたりします。
PV
来客数
プロフィール

アイン

Author:アイン
小説家になろうでも活動中のアインです。趣味で書いた小説をまったり載せていきます。

よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ

openclose

フリーエリア
「創刻のアテリアル」応援中!
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。